火災保険
2021.01.28

保険価額の算出方法

火災保険の保険料を算出するために必要な情報としては、建物構造以外に保険価額があります。

火災保険の対象となるのはお住まいになる住宅ですので、保険価額は建物価額となります。
ここで注意しないといけないことは、建物価額はあくまで土地代を除くという点です。

この建物価額(保険価額)と同額の保険金額で火災保険を掛ける必要があります。
いわゆる全部保険で保険を掛けなければいけないということです。

全部保険で掛けずに、一部保険や超過保険で火災保険に入れば、事故発生時に満足な保険金を受けることができなかったりすることもあります。

保険金額の設定について

・・とはいっても、住宅購入費用(売買代金)がそのまま保険価額になるわけではありません。
これは、住宅購入費用には土地代、マンションの場合は土地代の他に共有部分の費用も含まれているからです。

純粋な保険価額の確認は、建築会社やハウスメーカーから聞くのが最適ですが、それでもわからない場合には保険会社が用意する簡易評価という算出方法もあります。

次カテゴリ以降では、この簡易評価についてご説明していきます。

持ち家の方にオススメの火災保険

楽天損害保険

楽天損害保険

ホームアシスト

  • 価格.com 保険アワード2019年版 火災保険の部 3部門で第1位を獲得
  • ・リーズナブルな保険料で、特に新築・築浅物件が安いです!
  • ・保険期間中の応急処置に係る作業料、出張料が無料
ソニー損害保険

ソニー損保

ソニー損保の新ネット火災保険

  • 「補償の自由設計+インターネット」で、火災保険がお得に!
  • ・ソニー損保の新ネット火災保険は、リスクに応じて必要な補償を選べる仕組み。不要な補償を外すことで、その分少ない負担で住まいのリスクに備えられます。※
  1. ホーム
  2. 火災保険
  3. 火災保険コラム
  4. 保険価額の算出方法