火災保険
2021.01.28

事故発生リスクの把握と補償設計

前カテゴリでありました補償設計のできる火災保険商品を使いたくても、実際にご自宅にどのようなリスクが潜んでいるかを理解しないと適正な補償設計はできません。
どうやったら調べられるのか、特に災害についてここで触れさせていただきます。

ご自宅のリスクを調べるには

もっともよい指標としては、国土交通省や各市町村のホームページなどで紹介されているハザードマップがあります。
ここは後述の火災保険選びに役立つ土地災害リスクのデータでもご紹介しておりますのでぜひご確認ください。

ただその中で最もわかりやすく、保険料にインパクトが大きいのが水災の部分です。
特にマンションの高層階で、河川なども近所になく、台風の頻度も低い地域でしたら外してみる検討もよいと思います。

持ち家の方にオススメの火災保険

楽天損害保険

楽天損害保険

ホームアシスト

  • 価格.com 保険アワード2019年版 火災保険の部 3部門で第1位を獲得
  • ・リーズナブルな保険料で、特に新築・築浅物件が安いです!
  • ・保険期間中の応急処置に係る作業料、出張料が無料
ソニー損害保険

ソニー損保

ソニー損保の新ネット火災保険

  • 「補償の自由設計+インターネット」で、火災保険がお得に!
  • ・ソニー損保の新ネット火災保険は、リスクに応じて必要な補償を選べる仕組み。不要な補償を外すことで、その分少ない負担で住まいのリスクに備えられます。※
  1. ホーム
  2. 火災保険
  3. 火災保険コラム
  4. 事故発生リスクの把握と補償設計