火災保険
2021.01.28

建物の簡易評価(中古住宅の場合)

ここでは、中古住宅の場合の簡易評価についてご説明していきます。

中古住宅の保険価額については、建築当時の建設価額を建築費指数を掛け合わせることによって保険価額の簡易評価が行えます。
建築費指数とは建物の経年劣化や物価変動等を加味し反映した係数で、建物の建築年によって変わってきます。

ただこちらの簡易評価についても保険会社によって基準が異なりますので、最終的には加入される募集代理店へ確認いただくことをおすすめします。

中古住宅の場合の簡易評価について

計算方法は以下の通りとなります。

なお基礎工事を除外して保険を掛ける場合で、建物価額基礎工事が含まれている場合、保険金額は基礎工事部分を差し引いて設定します。
とはいってもわからない方がほとんどだと思います。この場合は、5%程度を目安に控除すると良いでしょう。

持ち家の方にオススメの火災保険

楽天損害保険

楽天損害保険

ホームアシスト

  • 価格.com 保険アワード2019年版 火災保険の部 3部門で第1位を獲得
  • ・リーズナブルな保険料で、特に新築・築浅物件が安いです!
  • ・保険期間中の応急処置に係る作業料、出張料が無料
ソニー損害保険

ソニー損保

ソニー損保の新ネット火災保険

  • 「補償の自由設計+インターネット」で、火災保険がお得に!
  • ・ソニー損保の新ネット火災保険は、リスクに応じて必要な補償を選べる仕組み。不要な補償を外すことで、その分少ない負担で住まいのリスクに備えられます。※
  1. ホーム
  2. 火災保険
  3. 火災保険コラム
  4. 建物の簡易評価(中古住宅の場合)