火災保険

公開:2021.01.28

更新:2021.01.29

不測かつ突発的な事故(破損・汚損)

火災保険と聞くと火災が発生したときに保険金がおりるんだ・・と思いがちなもの。
火災なんてそうそう滅多に起こるものでもないし、本当に火災保険って必要なのかなと疑問を感じる方も少なくないと思います。

でも補償内容を良く見てみると、火災以外の自然災害や事故にも補償範囲は広がっています。
ここでは火災保険の基本補償にあたる部分の補償内容について、概要のご紹介・保険金支払い対象となる事故事例をご紹介させていただきます。

なお詳細な内容につきましては保険会社毎に異なる部分もございますので、予めご留意ください。

不測かつ突発的な事故(破損・汚損)の事故事例

・室内を清掃中、誤って椅子を倒しガラス戸にぶつかり破損させてしまった
・模様替えのため室内で家具を移動中、誤って間仕切り壁にぶつけて損傷させてしまった
・部屋の中で子供同士がふざけていて液晶テレビにぶつかり、画面を壊してしまった

模様替えで家具移動中に壁を損傷させたなどの補償

自然災害や盗難などの補償以外の、不測かつ突発的な事故による損害に対する補償です。

この補償オールリスク型とも呼ばれており、偶然性担保できていれば保険金支払いの事由になるということで、広範囲の事故を補償することができます。

例えば子供が室内で遊んでいた際に転倒し、誤って壁に穴を開けてしまった・ガラスを割ってしまった、といった偶然性のある日常事故の補償が該当します。
なお破損、汚損等を補償範囲に含めると、日常的な事故リスクは広範囲でカバーできますが、一方保険料が高くなるという点も挙げられます。

持ち家の方にオススメの火災保険

楽天損害保険

楽天損害保険

ホームアシスト

  • 価格.com 保険アワード2019年版 火災保険の部 3部門で第1位を獲得
  • ・リーズナブルな保険料で、特に新築・築浅物件が安いです!
  • ・保険期間中の応急処置に係る作業料、出張料が無料
ソニー損害保険

ソニー損保

ソニー損保の新ネット火災保険

  • 「補償の自由設計+インターネット」で、火災保険がお得に!
  • ・ソニー損保の新ネット火災保険は、リスクに応じて必要な補償を選べる仕組み。不要な補償を外すことで、その分少ない負担で住まいのリスクに備えられます。※
  1. ホーム
  2. 火災保険
  3. 火災保険コラム
  4. 不測かつ突発的な事故(破損・汚損)