火災保険
2021.01.28

等地区分による保険料の違い

地震保険といっても一律で保険料が設定されているわけではありません。
等地区分とはどのようなものでしょうか?

地震保険の等地区分

地域によって地震の発生頻度は異なりますし、住宅環境の違いもあります。
こういった地震に対する危険度に応じ、地震保険の等地区分として都道府県別に細分化されています。

詳しくは前カテゴリの都道府県別の等地一覧でもご紹介しておりますので、こちらをご参照ください。

地震防災対策強化地域内の保険の取り扱い

地震保険は、原則として保険契約者等からの申出があれば保険会社は引き受けなければなりません。

ただし大規模地震対策特別措置法に基づく警戒宣言が発令されたときは、地震保険の一定の引き受けが
制限されます。

具体的には、東海地震に係る地震防災対策強化地域内に所在する建物家財については、警戒宣言
発令された後、その警戒宣言が解除されるまでの間は、地震保険の新規契約の申込みおよび既契約分
の保険金額の増額はできません。

持ち家の方にオススメの火災保険

楽天損害保険

楽天損害保険

ホームアシスト

  • 価格.com 保険アワード2019年版 火災保険の部 3部門で第1位を獲得
  • ・リーズナブルな保険料で、特に新築・築浅物件が安いです!
  • ・保険期間中の応急処置に係る作業料、出張料が無料
ソニー損害保険

ソニー損保

ソニー損保の新ネット火災保険

  • 「補償の自由設計+インターネット」で、火災保険がお得に!
  • ・ソニー損保の新ネット火災保険は、リスクに応じて必要な補償を選べる仕組み。不要な補償を外すことで、その分少ない負担で住まいのリスクに備えられます。※
  1. ホーム
  2. 火災保険
  3. 火災保険コラム
  4. 等地区分による保険料の違い