火災保険
2021.01.28

水災外し

保険料を抑えるポイントとして一番わかりやすく判断しやすい部分として、水災補償があります。

特に水災に関しては、マンションの上層階では起きる頻度も限りなく少ないと想定されますし、お住まいのエリアによっても判断できると思います。

各地方自治体で提示されているハザードマップなどを参考に考えてみましょう!

水災補償を外すことを考えてみましょう!

ここでおさらいですが、水災補償とは台風や暴風雨などによる洪水・高潮・土砂崩れなどの水災によって発生する損害に対する補償です。

ただそもそも近隣に河川や海もなく、土砂崩れも起こるような地形ではない方にとっては補償として不要です。
マンションの高層階についても、物の飛来はあるとしても台風・暴風雨についての水災災害という観点では発生し得ないと思います。

先ずはこの水災の必要性についてご検討してはいかがでしょうか?

持ち家の方にオススメの火災保険

楽天損害保険

楽天損害保険

ホームアシスト

  • 価格.com 保険アワード2019年版 火災保険の部 3部門で第1位を獲得
  • ・リーズナブルな保険料で、特に新築・築浅物件が安いです!
  • ・保険期間中の応急処置に係る作業料、出張料が無料
ソニー損害保険

ソニー損保

ソニー損保の新ネット火災保険

  • 「補償の自由設計+インターネット」で、火災保険がお得に!
  • ・ソニー損保の新ネット火災保険は、リスクに応じて必要な補償を選べる仕組み。不要な補償を外すことで、その分少ない負担で住まいのリスクに備えられます。※