火災保険
2021.01.28

補償内容別の事故統計

火災保険の補償内容を選ぶとしても、実際に他の方がどんな補償内容で契約しているのか、また実際の事故がどのような補償内容でどれくらい起きているのか気になるところです。

火災保険の事故件数割合について

平成18年~22年度のある保険会社の事故件数の割合によると、下記のような数値となっております。

建物

  • ■火災:4.8%
  • ■落雷:13.3%
  • ■破裂・爆発:0.1%
  • ■風災・ひょう災・雪災:21.5%
  • ■建物外部からの物体の落下・飛来・衝突等:19.9%
  • ■水災・水ぬれ:12.7%
  • ■盗難:8.7%
  • ■不測かつ突発的な事故:19.0%

この数値はあくまで事故件数であるため保険金の額とは比例しませんが、一つの補償内容選択の参考としていただきましたら幸いです。

持ち家の方にオススメの火災保険

楽天損害保険

楽天損害保険

ホームアシスト

  • 価格.com 保険アワード2019年版 火災保険の部 3部門で第1位を獲得
  • ・リーズナブルな保険料で、特に新築・築浅物件が安いです!
  • ・保険期間中の応急処置に係る作業料、出張料が無料
ソニー損害保険

ソニー損保

ソニー損保の新ネット火災保険

  • 「補償の自由設計+インターネット」で、火災保険がお得に!
  • ・ソニー損保の新ネット火災保険は、リスクに応じて必要な補償を選べる仕組み。不要な補償を外すことで、その分少ない負担で住まいのリスクに備えられます。※
  1. ホーム
  2. 火災保険
  3. 火災保険コラム
  4. 補償内容別の事故統計