火災保険の用語集

激変緩和措置

読み:げきへんかんわそち

ここでいう激変緩和措置とは、2010年1月1日以降の住宅の火災保険に関する建物構造(級別)の改定のことを指します。旧構造級別体系であった、A構造、B構造、C構造、D構造からマンション構造M構造)、耐火構造T構造)、非耐火構造H構造)に移行する上で、構造(級別)がB構造・改定後の構造(級別)H構造となる場合、大幅な保険料負担増を防ぐために、経過措置として設けられております。

  1. ホーム
  2. 火災保険
  3. 火災保険の用語集
  4. 激変緩和措置